万年筆

何本も買い増ししたくなる万年筆「LAMY safari(ラミーサファリ)」をレビュー

更新日:

 

デジタル化が進んでも愛好家に愛され続けている筆記具“万年筆”。

万年筆と言われると、「大人が持つ」「高級な筆記具」というイメージが強いかもしれませんが、今は低価格で初心者も手に入れやすい万年筆が有名メーカーから発売されています。

そんな低価格帯の万年筆の中でもシンプルなデザインで初心者でも持ちやすい万年筆、「LAMY safari(ラミー サファリ)」。カラー展開も豊富で、コスパ良し、何本でも買い増ししたくる万年筆。

今回は、LAMYサファリに魅力をお伝えしたいと思います。

LAMY safari(ラミー サファリ) 万年筆L17 F/FP(細字) ブラック(艶消し) [4014519030638]【あす楽対応_関東】【メール便250円_あす楽対象外】

created by Rinker

LAMYの中でも人気を誇るサファリ

LAMYはシンプルで飽きの来ないデザインの筆記具を扱うドイツ発祥のブランド。

そんなLAMYの商品の中でも、安価ながらしっかり使える万年筆として人気のサファリ。

サファリは「定番カラー」と「限定カラー」の2種類で展開されています。

定番カラーは、ブラック、レッド、イエロー、ブルー、スケルトン、シャイニーブラック、ホワイト(アジア限定モデル)の6色をラインナップ。

そして、限定カラーは毎年1色発売されます。

2018年の限定からはマットな質感のオールブラック。定番カラーのブラック、シャイニーブラックとは違った色合いを楽しめる1本です。

2019年モデルが発売されると値段が高騰する可能性があるので、気になる方はぜにチェックしてみてください。

 

洗練されたデザイン

現在はブラックを愛用中。

大きなクリップが特徴のLAMY。シンプルなデザインにこのクリップの大きさがなんともいえない絶妙なバランスでgood。

個人的には胴軸後ろ「LAMY」の文字がお気に入り。

グリップ部分が握りやすい形状になっているので、万年筆の扱いになれていない初心者やお子さんも気軽に使えます。

 

自分に合った使い方を

サファリは、自分でインクを吸引するコンバーターと、既にインクが注入されていて万円筆に挿すだけで使えるカートリッジに両対応。

手軽に万円筆を使いたい方はカートリッジを、インクの吸引から万年筆を楽しみたい方はコンバーターを、それぞれに合った使い方で楽しむことができます。

7色と豊富なカートリッジインクが販売されているので、初心者の方はカートリッジから楽しむことをおすすめします!

私も手軽に持ち運べるようにカートリッジインクのブルーブラックを愛用中。

さらさらとした心地良い書き心地

 

最初の使い始めたときはカリカリ感が強かったのですが、使っていくうちに滑らかになってきました。

カリカリ感が残りつつも紙に引っかかるような感じはなく、非常に書きやすいです。

 

ペン先の太さ種類は下記の3種類。

  • EF (Extra Fine) : 極細字
  • F (Fine) : 細字
  • M (Medium) : 中字

 

EF(極細字)を購入しましたが、使いごとにペン先の太さも太くなっていくような……?

EF(極細字)は手帳など細かい文字を書く際に適していますが、万年筆特有のインク感を楽しみたい方はF(細字)以上がオススメです。

さいごに

LAMY サファリいかがだったでしょうか。

万年筆の中では安価な価格帯ですが、洗練されたデザインのおかげでビジネスシーンで使っても恥ずかしくない万年筆です。

高価な万年筆を買う前の練習の1本として、インクの色を分けて数本持つ、いろいろなカラーをコレクとして楽しむなど、楽しみ方も人それぞれ。

ぜひ万年筆のある生活を楽しんでみてください。

LAMY safari(ラミー サファリ) 万年筆L17 F/FP(細字) ブラック(艶消し) [4014519030638]【あす楽対応_関東】【メール便250円_あす楽対象外】

created by Rinker

-万年筆
-,

Copyright© ステーショナリーズ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.